伝説の風景ー弁慶石・やませみ湖(北河内ダム)

22日八組坊守会のため、柳田へ行った。

少し余裕を持って

「弁慶石」がどうなっているか訪ねた。

 

f:id:umiyamabusi:20201023065025j:plain

北河内やませみ湖(北河内ダム)

f:id:umiyamabusi:20201023065114j:plain

ススキ・月ー♪すすき葉末にひかるは露か…(伊太郎旅歌唄)

このあと話す予定の

わずかなる庭の小草の白露を求めて宿る秋の夜の月(西行)、この歌をこよなく好んでおられたという金子大栄師のことなどが、風となってこころを通り過ぎていく。

f:id:umiyamabusi:20201023065927j:plain

弁慶石ーこの五十里葦谷地区の奥に弁慶谷内というところがあった。そこには大きな石があって水路を引く妨げになっていた。あるとき弁慶が通りかかり、その石を脇によけてくれた。その出来事が地名の言われとなり、弁慶石は水の守り神になっていたという。雨乞い石だったのだろう。それがダム建設のために沈んでしまうため、この場所に移して語り伝えていくことにしたのである。

碑文にはこのようなことが書いてある。

ーが、いつの出来事なのかは、どこにも書いてない。

この碑文を書いたのは府玻美智子さんである。

わたしは民俗、伝説などを調べたり書いたりしており、府玻さんは巡り巡っての教え子でもあり、このことに関わった。当時はやませき湖を一周することが出来、弁慶谷内へ行く道もあったのだが、今はこの舗装道路、写真に写っているところまでで行くことが出来その先は進入禁止になっている。

そこに行って「弁慶石は?」と思った。目的が弁慶石だったから、車を降りてぶらぶらしながら写真の碑に会うことが出来た。

誰がこの碑を書いたのか?いつ?

もっと言えば弁慶石がこのようなところにあることさえ、もう知る人がいないのではないか…。そんなことを考えさせる時の流れだ。

帰って調べてみると、ダムは2010年8月に完成している。

10年前の出来事だったのだ。

府玻さんはお元気で活躍なさっているようだ。

なお「地消地産文化情報誌 能登」創刊号から35号まで「伝説の風景」を連載した。

それをやめてからこの前届いた41号で6号1年半経過した。

これもズーと昔の思い出になっている。

弁慶伝説、弁慶石は35回のうち、「別所比咩神と弁慶石」(第8号)で扱った。

五十里弁慶谷内の他に、しっかり伝えなければならない弁慶石に能登国三十三観音第九番江曽観音に関わる弁慶石がある。

これからは思い立ったとき、一人ぶらりと伝説の風景をたずねたい。

f:id:umiyamabusi:20201023092609j:plain

坊守会会所・仏性寺さんからの風景。かえるの鳴き声がここちよい。雨が近くなると一斉に鳴きだすそうだ。