『妙好人一茶』 一茶の里

2014年9月13日(土)

一茶の里を訪ねた。

妙好人千代尼と一茶を書くためである。

二人は誰でも知っている身近な妙好人なのに、妙好人らしさがどこにあるのか、知られていなかった。特に千代尼にがそうだったので、千代尼を書いた。

同じ俳人として、千代尼・一茶をまとめればインパクトもあるようで、同時に二人を調べた。

ただ、元禄の千代、化政期の一茶では、真宗の広がりようが違いすぎており、

千代は句から妙好人に広げていかなければならないのに、一茶には膨大な句・記録があり、むしろ絞らないとならない。

千代を取り上げた人はなかったが、一茶は早島鏡正、大桑斉といった碩学が書いておられる。お二方の書かれたものを分析して納得できればあえて一茶まで手をのばすことはない。

私が今まで書いたことは、誰に聞いても分からないので、なら調べて残しておこう…と書くスタンスだったので、30項目ぐらいに分類してはあったが、その項目も見直さないでいた。

ところが、とも同行の視点からは、あり得ないタイトル「父の終焉日記」が、全く疑問視されないで、真宗関係者の書いたものに用いられているのである。

しかも、『新撰妙好人列伝』(藤秀璻)に「俳諧寺一茶」があるのに、最近の書物『体系真宗史料』ー妙好人伝ーに一茶が無く、―近世門徒伝ーというカテゴリーに日記として「父の終焉日記」が入っている。この一茶の文が日記なのかどうかも含め説明がない。

これは、問うていかなくてはなるまい…と思った。

妙好人千代尼』と同様、です、ます調でとも同行の視点で『妙好人 一茶』を下書きする。その前に、6年前の一茶の里の文を掲載し、野尻湖の写真をテーマ―写真として使っていきます。

 

元へ戻って、

2014年9月13日(土)
斑尾のホテルに泊まり、一茶の里ー信濃町柏原ーを歩いた。
夜斑尾へ入ったので、真っ暗な山道が続き、熊しかいない山を目指しているようでビビった。
麓に野尻湖を抱えている。
f:id:umiyamabusi:20140921220759j:image
野尻湖

f:id:umiyamabusi:20140921221203j:image
一茶翁終焉の地
f:id:umiyamabusi:20140921220735j:image
終焉の地にある俳諧寺位牌堂
法名 釈一茶 不退位 文政十丁亥 霜月十九日

f:id:umiyamabusi:20140921220724j:image
同堂の奉献額に、知った名を見つけた。
小松砂丘氏である。
砂丘氏は春日神社境内にある万葉歌碑の揮毫者で、『廓の女』のモデルの兄。
句は「加賀笠や信濃の山は秋早やき」。
4人目に山口誓子、西山白雲郷という人もおいでる。
f:id:umiyamabusi:20140921220711j:image
俳諧寺。一茶記念館近く。
句碑の句は「初夢に古卿を見て涙かな」
f:id:umiyamabusi:20140921220700j:image
小林家墓地にある一茶墓の案内板。
兎が可愛いですね、と記念館の人に言ったら、
リスです、と言われた。